東京,近距離,引っ越し

 

 

 

東京の近距離引っ越しに関わらず引っ越しをするなら、
引っ越し一括見積もりサービスを利用することをおススメします。

 

なぜなら、引っ越し料金は各社バラバラで下手をすると、倍ぐらい料金が違う場合があるからです。

 

もし、一括見積もりサービスを利用しないと

 

・1社だけにしか見積もりをもらわないと、相場より倍ぐらいの料金を払うことになる
・自分で複数業者から見積もりをもらうのは1社1社見積もりをもらう必要があり大変!
・安い業者だと思って頼んだら悪徳業者だった

 

このような難点があります。

 

 

だけど、引っ越し一括見積もりサービスを使うと

 

 

・簡単に複数業者からの見積もりをもらう事ができる

 

・大手や中小の引っ越し業者から見積もりをもらうことができる

 

・引っ越し一括見積もりサイトは、無料で利用できる

 

といったメリットがあります。

 

 

あまり労力を使わずに、複数業者から見積もりをもらう事ができて、
一番安い業者も簡単に分かるので、引っ越しで失敗しない為には、一括見積もりサービスをおススメします。

 

 

気をつけたい東京での引っ越し業者選び

 

東京で引っ越しをする時に、気をつけたいポイントが3つあります。
損をしない為には、知っておく必要があります。

 

近距離だから安いと思ったら大間違い

 

近距離の引っ越しだからといって安いと思っていませんか?
見積もりをもらえば、わかりますが思ったよりも引っ越し料金って高いですよ

 

 

何も考えないで大手引っ越し業者に頼んだら、
一人暮らしの引っ越しでも10万ぐらいの見積もりを出してきます!
しかも、ほんの車で15分ぐらいのところでもです。

 

ただ、高いなという顔をしたら、「フリー便なら半額になりますよ」
言われて、思わずそれで頼んでしまったのですが…

 

よく、考えるとそれでも高いですね
これが作戦なのかもしれません。

 

 

中小引っ越し業者なら、もっと安かったかもしれませんが、
どんな引っ越し屋さんがあるのかなんってしりませんよね

 

頭の中には、大手引っ越し業者しか思い浮かばないのが、普通のような気がします。

 

 

 

 

 

 

安い業者に頼んで失敗?

 

郵便ポストに入っていたチラシをみたら、引っ越し料金がめちゃめちゃ安かった。
こんなに安いのならといって、安易に飛びつくと痛い目に合うことがあるので注意です。

 

家具に傷がついたり、家電が壊されたりしても、補償されなかったり、
追加料金を要求されたりすることがあります。

 

引っ越し料金の安さにつられて、痛い目に合うことがあるので、
しっかりとした引っ越し業者さんを選ぶことをおすすめします。

 

 

 

 

1社にしか見積もりをもらわないのは危険

 

引っ越しって意外と面倒です。
新居探しなどでとても疲れており、引っ越し業者なんて何でもいいやと思ってしまいます。

 

そして、安易に引っ越し業者を選んでしますと、損をする確率は多くなります。

 

 

なぜなら、引っ越し料金は、各社によってバラバラなのです。
下手をすると、同じ条件でも料金が2倍ぐらい違うことは珍しいことではありません。

 

なので、何も考えずに引っ越し業者を選んでしまうと、料金を倍ぐらい払うことになるのです。

 

 

 

これを解決するには一括見積もりサイトを利用

 

 

 

東京の引っ越しの料金相場は?

 

引っ越しの準備はいろいろありますが、絶対欠かせないのは転出届を市区町村役場に提出することです。この転出届、現在住んでいる市区町村で役所に行けば手続きできますし、郵送で送ることもできます。受付時間に本人が役所に行けない場合、委任状を添えて、代理人が提出するのも認められています。実際に転居する2週間くらい前から、届を受け付けることが多くの自治体で可能になっています。一人身のときの引っ越しは、大型の家具や電化製品もなく、引越し会社に頼むことなくすることができていました。だけど、結婚してから引っ越しをやるとなると、電化製品や家具などの冷蔵庫や洗濯機が大きくなり、大掛かりな作業となるため、引っ越し業者に依頼しました。引っ越し業者に依頼すると、家電もちゃんと設置してくれるので、すごくラクにできました。引っ越しも色々ありまして、例えば全ての作業を引っ越し業者に任せることにしてしまうと、楽で良いのですが、人手も手間も要るので高くつきます。荷物も少ない単身での引っ越しであるなら、単身パックというような、そういった方向きのサービスがありますから、それを利用しましょう。適正なコースの選択だけで、引っ越し費用はだいぶ減らせるはずですので、その分、新しい生活のため使うようにしましょう。世間では、一般的に春や秋が引っ越しのシーズンだと言われています。大学入学や就職、転勤など、人の移動が多いことが要因でしょう。多くの方にとって、引っ越しは面倒くさいものだと耳にすることもありますが、手続きがややこしいという点が原因だそうです。電気・ガス・水道・役所への提出書類などなど、二つの土地で行う必要がある手続きが重なるために、しっかりとプランを立てて作業するのをお勧めします。住み替えをする上で何より気になる事は、これらの費用だと思います。昨今は、一括見積もり等で成熟してきており、その中で、一番安い引越し会社をチョイスする事も数多いでしょう。ただ、料金が安いということだけに捉われていると、サービスのクオリティーが疎かになるので、十分な注意や見定めが必要です。

 

 

 

 

東京の引っ越し業者

 

引っ越しをする場合、アート引越センターに作業を依頼すると、予定通りに終わらせることができます。必要な分の段ボールや引っ越し当日の家具の梱包や運送まで、引っ越し作業をサポートしてくれると思います。引っ越しで最も苦労する家具の運搬も誠実に対応してくれますから安心して任せられますから、予定通りに引っ越しを完了することが出来ると思います。引越の際にその場に立ち会って、確認するのは面倒だと思ってもしっかりやっておかないと後で困ることになるかもしれません。賃貸料金の発生する物件の場合には、不動産屋さんや大家さんが、立ち会って確認することになります。敷金をいくら返却するか関わってきますから、とにかくキレイにそうじをするようにしてください。また、修繕をしなければならない箇所を、両者で確認し合うことで、トラブルを防ぐことにもつながります。一人暮らしの方が引っ越しするとベッドの移動は悩みの種です。ロフトなしワンルームであれば、ベッドがあると相当狭くなります。それに、業者がベッドを移動するとき、ドアとベッドの大きさが合わず、搬入できなくなってしまう大変な話もあるようです。そのような事態が考えられるのなら、布団の生活を割り切って始めてみても家の中がすっきりしていいかもしれません。引越しにつきものなのが粗大ゴミの整理です。引っ越す時に捨てるのは手がかかりますから、前もって大きな粗大ゴミは捨てていくのがよいと思います。荷物をまとめ始めるのとほぼ同時に粗大ゴミを処分してしまえば、のちのちが楽になります。処分する日時を前から、チェックしておくことも大切です。引っ越しを専門の業者に依頼すると、その費用は全く同じ引っ越しの依頼だとしても、時期による変動は必ずあります。年度末や夏、冬の休みはどうしても繁忙期となり、あちこちからの依頼が増えるため基本料金そのものが高くなることが多いです。時期が選べれば繁忙期を避けた引っ越しができるなら費用もサービスもお得になります。閑散期と繁忙期の差は、ほぼ倍になるケースも見られます。